植え付けの手順|花の苗の購入方法が近年変わってきています

花の苗の購入方法が近年変わってきています

笑顔の婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

植え付けの手順

苗

苗木のおすすめの植え付け時期は、落ち葉が落ちる秋から春にかけてすることがよいとされています、特に秋に苗木の植え付けを行うことで、活着がよくなるのです。また、活着がよいことで、その後の成長も効率よくなると言われています。苗木植え付けは植える前に専用の薬剤で消毒する必要があるのです。そしてこの消毒した土が乾く前に植えることが必要となるのです。苗木の植え付けはしっかり埋めることが大切です。そこで、土壌改良として、適量の完熟堆肥や石灰、炭などをよく土と調和して埋め戻して定着させるようにしましょう。秋に植え付けを行う場合は、冷害の心配があるので、苗木の上部に厚紙などを蒔いて予防する必要があります、その他の方法では、米袋を切って使用しましょう。ビニールの場合、苗木に巻いたとしても冷害の被害が出るので使用しないようにしましょう。そうすることで冷害から身を守り、また野うさぎや野ねずみによる食害を防ぐこともできるのです。春植えの場合では、12時間くらい根部を水に浸した状態にして、しっかり水を吸わせて定植するようにしましょう。乾燥しやすい時期でもあるので、植え付けの際に灌水も行うようにします。また植え付け後は、乾燥を防ぐためにワラやビニールマルチなどをして苗木から乾燥を守りましょう。こういった様々な情報を知ることで、失敗しない苗木の植え付け作業を行うことができるのです。苗木の植え付けは一番重要な作業なので、しっかりとした知識があるなかで行うことが重要なのです。ぜひ試してみましょう。